ごあいさつ

 「K展」は、学生たちが日々の修練を経て本校で学んだすべてを

出し切り、その成果に対し社会から評価をいただく集大成の場です。

それと同時に、京都芸術デザイン専門学校の教育がどうであったのかを世に問う、最も重要なプレゼンテーションの場でもあります。

 今年度もコロナ禍の厳しい状況ではありましたが、安全対策に万全を期し、対面とオンラインの併用に工夫を加えた教育法で学習に取り組みました。そして、学生たちは見事に期待に応えてくれました。

 

 今後も先の見えない社会で苦労はすると思われますが、必ずや企業様のお力添えのもと、ここで培ったデザイン力は花開くと信じています。彼らの飛躍を今まで同様見守っていただければ幸いです。

 

 

  

京都芸術デザイン専門学校
  校長 

校長 大野木啓人
大野木 啓人
お知らせ